毎日、翌日の「職場の教養」ページを読んだ起業家からの感想を、「職場の教養」本文の下に記載してお届けします。「職場の教養」を読みながら、起業家はどのような観点で考え、どのように新たなビジネスに活かすのか。あなたも、これを読んで起業家の感想を参考にしながら、自分はどう考えるのか。どのように自分の事業創出に活かすのか。そして、どのように行動を変えるのか。日々考えて自分なりの最適解を導き出し、起業の旅をスモールステップで前に進もう。

<このブログのお勧め8段活用法>

  • 翌日の「職場の教養」本文を読む。
  • 自分の感想を言語化(言葉に)する。
  • 「起業家からの感想」を読む。
  • 自分の感想と、彼我(自分と起業家)の差(視点、視野、視座)を考える。
  • 改めてどのような学び・気づきがあったかを言語化する。
  • 具体的に今日からの行動をどう変化させるかを考える。
  • 今日の行動を変えた結果、どうだったかを振り返って検証する。
  • また、翌日の気付き学びを踏まえて行動を修正(最適化)する。

以上のステップで、あなたの会社を辞めずに起業する道を模索し、最適な解を見つけていきましょう。

3月3日(日) 耳の日

耳の日 本日3月3日は数字の3が耳に見えることと語呂合わせから、日本耳鼻咽喉科学会により、「耳の日」と制定されました。 毎年この日には、難聴で悩む人のための相談会や、一般の人々にも耳の病気や、健康な耳の大切さを知ってもら […]

Read more
3月2日(土) 我が祖国

我が祖国 本日は、「モルダウ」を含む連作交響詩「我が祖国」の作曲者であり、「チェコ音楽の創始者」と称されるベドジフ・スメタナの生誕200年にあたります。 スメタナの人生には多くの困難がありました。結婚後の30代の頃、幼い […]

Read more
3月1日(金) 養豚の歴史

養豚の歴史 本日は「豚の日」です。国内の食肉で最も高い割合を占めるのが豚肉です。 日本における養豚の歴史を辿ると、『日本書紀』に豚の祖先である猪を飼養していたという記録があります。猪を家畜として飼養する技術は、西暦200 […]

Read more
2月29日(木) 手書きの字

手書きの字 令和3年12月、「書道」が登録無形文化財に登録されました。その目的は、伝統的な書法による表現、これらの技を未来に向けて保存・継承するためです。 同年8月には、伝統的な書道の技を保存し、次世代へ継承することを目 […]

Read more
2月28日(水) 好循環

好循環 ある福祉施設で施設長として働くAさんのもとに、10年以上前に退職した元職員のBさんが訪ねてきました。 互いの近況を報告し合った後、Bさんから「施設長のおかげで、名ばかりの『紫陽花(あじさい)ロード』に紫陽花の花が […]

Read more
2月27日(火) ゼリーフライ

ゼリーフライ 埼玉県行田市のB級グルメに「ゼリーフライ」があります。この料理を知らない人は、料理名からゼリーを油で揚げたものを想像するかもしれません。 「ゼリーフライ」とは、おからやジャガイモをベースに、ニンジンやネギな […]

Read more
2月26日(月) 上総掘り

上総掘り 現代社会においては、手間がかかる伝統技術は敬遠されがちです。一方で、先進的ではないからこそ重宝され、活用されるケースもあります。 江戸時代、井戸の掘削は人力の「掘り井戸」や地中に鉄棒を突き入れる「鉄棒式」が普及 […]

Read more
2月25日(日) 好意的な距離感

好意的な距離感 敬語の使い方は、試験にもよく出題されることから、数多くの本が出版されています。敬語は、様々な状況や異なる立場の人に対して、正しく過不足なく使わなければならないため、苦手としている人も多いでしょう。 例えば […]

Read more
2月24日(土) うまく伝えるために

うまく伝えるために 会議などでプレゼンテーションをした際、内容が相手にうまく伝わらなかった経験を持つ人がいるかもしれません。 その理由の1つとして、相手に関する情報の不足が考えられます。発表する案件について相手がどの程度 […]

Read more
2月23日(金) 台所の変遷

台所の変遷 新しい台所に立った際、使い勝手の良さに感心したことはないでしょうか。 近代になって、台所に変革の兆しが見えてきたのは、大正デモクラシーの頃でした。台所の改善議論がなされ、台所改善運動が起こったのです。 当時の […]

Read more
2月22日(木) 鉛筆の筆記距離

鉛筆の筆記距離 皆さんは1本の鉛筆で、どれくらいの長さの線が書けるのか知っていますか。 鉛筆の芯をすべて使い切ると、筆記距離は50キロメートル近くになります。 それに対して、油性ボールペンは約1.5キロメートルです。鉛筆 […]

Read more
2月21日(水) 清潔の意識

清潔の意識 花王株式会社感覚科学研究所は、日本人の「きれいにする行為」について、民俗学、歴史学の観点から国立歴史民俗博物館と共同研究を行ないました。 その結果、身体・空間の洗浄、片付け、整理整頓といった「きれいにする行為 […]

Read more
2月20日(火) 縁をつなぐ

縁をつなぐ 経営者であるM氏は、決して恵まれたとはいえない家庭環境で育ちました。普段から家族間の会話も少なく、温かさが感じられない空気が漂っていました。小学生だったM氏は、いつも寂しさを抱えていたといいます。 そんな時、 […]

Read more
2月19日(月) コペルニクス的転回

コペルニクス的転回 本日は「天地の日」です。地球が太陽の周りを回るという「地動説」を唱えたポーランドの天文学者コペルニクスの誕生日に由来しています。 昔は、すべての天体が地球の周りを回っている「天動説」の考えが主流でした […]

Read more
2月18日(日) 社歌コンテスト

社歌コンテスト 日本経済新聞社は昨年7月より「NIKKEI社歌コンテスト2024」と題して社歌動画を募り、昨年12月に決勝へ進出した会社を発表しました。 コンテストに送られた動画は、社歌はもちろんのこと、企業の非公式ソン […]

Read more
2月17日(土) こだわり

こだわり 他人の癖や「こだわり」 は目につきやすい一方で、自分の癖やこだわっていることは見えにくいものです。 Aさんは、友人が食事に対して「こだわり」を持っていると感じていました。 例えば、一緒に昼食に行くと、「あっちの […]

Read more
2月16日(金) 気分転換

気分転換 普段とは少し違った行動をするだけで、新しい出会いがあったり、気づきを得たり、別の見方ができたりすることがあります。 Aさんは運送会社で経理事務を担当しています。日々の仕事は、売り上げなどのデータ入力、定型のビジ […]

Read more
2月15日(木) 記念日

記念日 本日は仏教の開祖、釈迦が亡くなった日といわれ、全国の寺院で「涅槃会(ねはんえ)」という法要が行なわれます。涅槃会では、釈迦の亡くなった様子を描いた涅槃図を掲げて遺徳を偲び、報恩感謝の気持ちを表わします。 釈迦は、 […]

Read more
2月14日(水) ふんどしの日

ふんどしの日 本日は、2(ふん)・14(どし)の語呂合わせから、日本ふんどし協会が定める「ふんどしの日」です。 その歴史は奈良時代から平安時代に遡るといわれています。昔は布が高価だったことから着用できるのは裕福な人に限ら […]

Read more
2月13日(火) 飽食を省みる

飽食を省みる 牛乳は「準完全栄養食品」といわれ、たんぱく質・脂質・炭水化物の3大栄養素に加え、カルシウムなどのミネラルやビタミンB群も豊富に含んでいます。 そのため戦後は学校給食に採用され、栄養不足だった子供の体格は向上 […]

Read more
2月12日(月) 人を育てる

人を育てる中堅社員のAさんに初めて部下ができました。仕事を覚えきれない部下に対して、「早く仕事を覚えて」と伝えることが増えていきました。 その光景を見ていたAさんの先輩から「部下の至らないところばかり見ていないか」と指摘 […]

Read more
2月11日(日) 日本に住むということ

日本に住むということ 日本はよく知られているように、世界でも有数の地震大国です。 国土面積は世界の0.25%でありながら、マグニチュード6以上の地震の発生回数は世界の18.5%と極めて高い割合を占めています。 また、富士 […]

Read more
2月10日(土) 今後に活かす

今後に活かす 仕事をする中で、時には失敗してしまうことがあるものです。 自分の失敗によって、取引先や職場全体に影響が及んでしまう場合もあります。周囲に迷惑がかかると、心苦しく感じることでしょう。 日本は諸外国と比較して、 […]

Read more
2月9日(金) 自転車に乗って

自転車に乗って Aさんは先日、十数年ぶりに自転車に乗りました。 きっかけは6歳になる息子が自転車に乗り始めたのと、妻が息子とサイクリングしたことを楽しそうに話してくれたからでした。 ある日、Aさんは息子とサイクリングに出 […]

Read more