職場の教養

職場の教養
7月13日(木) 運を天に任せる

運を天に任せる 1983年の7月15日、家庭用テレビゲーム機であるファミコン(ファミリーコンピューター)が発売されました。ファミコンは、国内のみならず海外でもヒットし、一時代を築きました。 開発したのは、1889年創業の […]

続きを読む
職場の教養
7月12日(水)箸に始まり箸に終わる

箸に始まり箸に終わる 私たちは食事の際、箸を使います。近隣諸国でも箸を使いますが、スプーンなども併用するので、箸のみで食事をすることが多い日本は珍しいようです。 和食では「箸に始まり箸に終わる」と言われます。箸の作法は歴 […]

続きを読む
職場の教養
7月11日(火) 車掌の名前

車掌の名前ある日、Aさんは出張のために、新幹線に乗りました。 しばらくすると、車内アナウンスが流れてきましたが、Aさんはパソコンで資料を作成していたので、アナウンスはただの音でしかなく、内容が何も入ってこないままキーボー […]

続きを読む
職場の教養
7月10日(月) 日頃の心配り

日頃の心配り 広告代理店に勤めるKさんは、日々、上司に同行して得意先を回っています。 ある日、長年の顧客から「あなたは良い上司のもとでお仕事できて幸せね」と声をかけられました。理由を聞くと、上司は心配りができて気持ちよく […]

続きを読む
職場の教養
7月9日(日) 情報の選択

情報の選択営業職のAさんは、大きな取引先へのプレゼンテーションを任されました。 Aさんにとっては入社以来の大役です。張り切って資料を集め、構成を練り、連日遅くまで発表の準備を行ないました。その結果、当日は言いよどむことな […]

続きを読む
職場の教養
7月8日(土) 宵越しの金は持たず

宵越(よいご)しの金は持たず 「宵越しの金は持たず」は江戸庶民の生活から生まれた言葉といわれています。 宵越しとは、一夜を経ること、次の日まで持ち越すことです。その日1日生活するだけのお金があれば十分、という江戸っ子のい […]

続きを読む
職場の教養
7月7日(金) 心の若さ

心の若さ 「青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたを言う」 これは、アメリカの実業家、サムエル・ウルマンが70歳を超えてから書いた詩の一節です。青春とは、50歳であろうと70歳であろうと、心や気持ちが若く、イキイキ […]

続きを読む
職場の教養
7月6日(木) 立場と役割

立場と役割 人は性別、年齢をはじめ、容姿や性格など、それぞれに違いがあります。たとえ似通った人がいたとしても、全く同じという人は存在しません。必ずどこかに違いがあり、一人ひとりが唯一無二の存在といえます。 一人ひとりに違 […]

続きを読む
職場の教養
7月5日(水) 行なうべきタイミング

『行なうべきタイミング』 何かを依頼されたら、できるだけ早く着手すると、物事がスムーズに運ぶことが多いといわれています。 ある時、Dさんは、先輩のKさんが取引先に電話をかけた際に、先方の担当者が不在であることが少ないと気 […]

続きを読む
職場の教養
7月4日(火) 不得意な仕事

不得意な仕事職場では、時に不得意な仕事を担当することもあるでしょう。入社3年目のAさんは、この春に営業部からデータ管理部へ異動しました。 コミュニケーション力が高く、どこへでも喜んで営業に回っていたAさんですが、一方で、 […]

続きを読む