2月25日(日) 好意的な距離感

好意的な距離感

敬語の使い方は、試験にもよく出題されることから、数多くの本が出版されています。敬語は、様々な状況や異なる立場の人に対して、正しく過不足なく使わなければならないため、苦手としている人も多いでしょう。

例えば、「食事をお召し上がりになられますか」などと耳にしますが、「召し上がる」「られる」に「お」まで加わった3重敬語は過剰で適切とはいえません。

「お電話番号をおっしゃってください」は、表現の面では、「お電話番号」「おっしゃる」と丁寧な言葉遣いであるため、問題ないように思われます。

しかし、内容を普通の言葉に置き換えると「電話番号を言ってください」となり、表現は丁寧でも相手に命令していることになるのです。尊敬の気持ちを込めるなら「お電話番号をお教え願います」となります。

敬語の本質は相手との「好意的な距離感」です。畏敬となれば距離感は遠くなり、敬愛となると少し縮まります。敬語を含めて礼儀作法やモラルは、そうした距離感が生んだ文化です。敬語に親しみ、相手を敬う心を養いましょう。

今日の心がけ◆正しい敬語を使いましょう
                   (出典:職場の教養 2024年2月号)


◼️起業を目指すあなたに向けて

敬語は、ビジネスパーソンにとって必須のスキルの一つです。しかし、その使い方は奥深く、完璧にマスターするのは容易ではありません。

本稿では、好意的な距離感を生み出す敬語の本質について考察し、ビジネスパーソンに求められる敬語の重要性と、その習得に向けた具体的な方法について述べたいと思います。

続きはこちら