2月13日(火) 飽食を省みる

飽食を省みる

牛乳は「準完全栄養食品」といわれ、たんぱく質・脂質・炭水化物の3大栄養素に加え、カルシウムなどのミネラルやビタミンB群も豊富に含んでいます。

そのため戦後は学校給食に採用され、栄養不足だった子供の体格は向上、精神的にも安定し、しっかりと授業が受けられるようになったといわれています。

国内における牛乳の消費量は、1996年には505万キロリットルに達しました。しかし、それを境に減少が続き、近年ではコロナ禍などによる需要の減少から「生乳余り」の問題が度々取り上げられました。

生乳は需要が減っても、急に供給を減らすことはできません。牛は毎日、乳を搾らないと病気になってしまううえ、生乳は長期間保存ができないためです。

牛乳に限らず、消費しきれずに多くの食品を廃棄している現状があります。企業の努力に加え、消費者一人ひとりの食品ロスを減らす取り組みが必要でしょう。

「食べ物に困らない」ことが、当たり前にいつまでも続くものではないと肝に銘じ、感謝を忘れず食事を頂きたいものです。

今日の心がけ◆命の元へ感謝を深めましょう
                   (出典:職場の教養 2024年2月号)



◼️起業を目指すあなたに向けて

「飽食を省みる」―このテーマは、私たちが今、立ち返るべき根本的な問題を浮き彫りにしています。特に、新たなビジネスの創出を目指す起業家にとって、これは無視できない重要なメッセージです。

私自身の起業経験を振り返ると、初めは単に市場のニーズに応える製品やサービスを提供することだけを考えていました。しかし、時間が経つにつれ、ビジネスが持続可能性の観点からも評価されるようになり、その重要性が明らかになってきました。

「飽食を省みる」という視点から考えると、私たち起業家は、単にビジネスを成功させるだけではなく、社会や環境に対しても責任を持つべきだということがわかります。この記事で取り上げられている牛乳の消費問題や食品ロスの現状は、私たちがビジネスを通じて解決に貢献できる具体的な課題の一例です。

起業を目指す方々にとって、ビジネスアイデアを考える際には、その製品やサービスが持続可能な社会の実現にどのように貢献できるかを深く考えることが求められます。例えば、食品ロスを減らすための革新的なソリューションや、環境に優しい素材を使用した製品開発などが挙げられます。

また、ビジネスモデル自体を持続可能性を前提として設計することも重要です。これは、単に「緑のイメージ」を打ち出すことではなく、サプライチェーンの最適化、エネルギー効率の向上、リサイクル可能な資材の利用など、ビジネスのあらゆる側面で環境への影響を最小限に抑える取り組みを意味します。

起業を目指す皆さんにとって、これらの挑戦は決して容易ではありません。しかし、持続可能なビジネスモデルは、長期的な視野で見れば、企業にとっても社会にとっても大きな価値を生み出します。私たちが今、地球上で直面している問題を解決するための鍵は、新しい発想と革新にあります。

最後に、起業を目指す皆さんへのメッセージです。大切なのは、ビジネスが成功することだけではなく、どのように社会や環境に貢献できるかを常に考え、行動することです。持続可能な社会の実現に向けて、私たち起業家が先導していく必要があります。この挑戦を通じて、私たちは更により良い未来を創造でできます。

ページをシェアする